やっぱ歯磨きよりオフィスホワイトニング?

タケオです。アパガードプレミオを使い始めて1か月以上たつけど、あまりこれと言った変化がないような。歯磨き直後は確かに白くなってるように見えるのだが、これって食事の汚れが落ちてるだけ?普通の歯磨きでも同じじゃ?

それに今まで誰にも「タケオ歯が白くなったんじゃない?」って聞かれてないし。

ちょっと調べてみたら、歯のエナメル質は実は透明に近く、我々が見ている歯の白い色はエナメル質の内側の象牙質の色だそうだ。アパガードプレミオの主成分、ハイドロキシアパタイトは、歯のエナメル質の主成分でもあり、エナメル質を修復することで歯を健康にするわけだから、象牙質の色を変えているわけではない。

どうやら象牙質の色を白くするには、過酸化水素を含むホワイトニングを使わないといけないということだ。過酸化水素はオキシドールと同じ成分で、オキシドールは低濃度だが、歯のホワイトニングはもっと高濃度の過酸化水素が入っている。過酸化水素が酸素と水に分解されるとき、フリーラジカルが発生するのだが、そのフリーラジカルはとても不安定で、歯に付いた着色物質と結合して安定化する。これがホワイトニングのメカニズムだ。

悲しいことにアパガードプレミオは、普通の歯磨きよりちょっといい高い歯磨きということでしかないらしい。

歯医者でやってもらうホワイトニングはすごく高いという印象があるし、保険も恐らく効かないんだろうな。でも効果のない1200円の歯磨きを続けるのと、高いけど効果のあるホワイトニングならちょっと検討してみる価値あるかな?